アニメの専門学校は、様々な専門知識や技術を学び、アニメーターや演出家などを目指すための学校です。

HOME>注目記事>専門的な技術を必要とする仕事の就き方と学校

特徴について

絵を描く

アニメの専門学校とは、監督やアニメーター、演出家になるための技術や知識を学ぶ学校です。学校ごとに学科やコースが分けられていることがほとんどで、中には美術や音響など、裏方の仕事を学べる専門学校もあります。昔に比べてアニメが多くの人々に認知されてきている現代、アニメの専門学校へ行く学生も増えていくと言われています。特徴は、昼と夜の二部制になっていることがほとんどで、様々な年代の人がいるということ。また学費や費用は、1年でおよそ100万円程度が相場です。本気でアニメ制作の現場に携わる職業に就きたい、という人は、専門学校へ行くのは必須と言えるでしょう。

授業内容について

描く人

最も基本となるアニメーターを目指すコースでは、絵のデッサンの基礎からスタートし、キャラクターを動かすための技術を学びます。また、最近では新しいCG技術などを必要とするアニメが多いため、パソコンや専門機器を操作する技術も学ぶことになります。その他、声優と携わり現場を体験する実習や、卒業制作で実際にアニメを作ってみるなどの体験も出来ます。このようにアニメ専門学校では、様々な実習を通し、アニメに携わるためのノウハウを学んでいきます。

卒業後の進路は

絵を描く人

アニメーター、演出家、美術や音響スタッフなど、選択していた学科やコースによって進路は様々ですが、共通しているのはアニメ専門学校を出ていると、就職に有利ということです。アニメ制作現場では、しっかりとした知識と技術を持った即戦力となる人物が求められるからです。また、学校で学んだことを活かし声優やイラストレーターなどの職業に就く人もいるため、多様な将来性があると言えます。就職先や進路状況や、学校のホームページなどでも確認出来るので、チェックしてみると良いでしょう。